PR

 その意味で悩ましいのは、10インチクラスと7インチクラスのタブレットと、5インチクラスのスマートフォンの使い分け。今のところ10インチクラスは家に置いて、使いたいときにさっと使う。7インチクラスで持ち歩き読書端末。5インチクラスは手ぶらで出歩くときは読書に使っていますが、主にメールチェック。これなら6インチクラスのファブレットで、小さい方を一本化した方がよいか、悩みどころです。

 機能だけを考えれば8インチクラスのWindowsタブレットという選択肢もあるのですが、タブレットとして使う魅力が現時点ではiPad/Androidに劣るのと、結局Windowsデスクトップを使うならクラムシェル型でいいと思うので、あまり食指が動きません。