PR

 先日、インターネット広告関連の事業を手掛けるフリークアウトという企業が東証マザーズへの上場を発表した(2014年6月24日に上場予定)。

 同社は、ネット広告をコンピュータプログラム同士がインプレッション単位で自動オークションする仕組み「リアルタイム・ビッディング(RTB)」を日本で最初に始めた企業だ。

 RTBとは、掲載場所である「枠」によって静的に決まっていたネット広告の価格を、オークションで動的に決めるというものだ。(参考記事「記者の眼 - 激速インフラ作るネット企業の秘密基地に潜入」)

 ユーザーがWebサイトを閲覧した瞬間に、そのユーザーに広告を見せる権利を巡って、オークションが始まる。広告主同士、正確には各広告主の代理であるRTB業者のコンピュータプログラム同士が入札を行い、最高額で落札した広告主の広告が、最終的にユーザーに表示される。これら一連の処理を、わずか数十ミリ秒で完了させるという驚異的な世界だ。

元・音楽作家で元・生物学研究者の創業者

写真1●フリークアウト創業者兼CEOの本田謙氏
(写真:新関雅士)
[画像のクリックで拡大表示]

 まだ同社から上場が発表される前の段階ではあったが、先日、同社創業者兼CEOの本田謙氏にインタビューさせていただく機会があった(写真1)。

 六本木ヒルズの一角にある同社オフィスには、本物のバスケットボールゴールがあったり、水泳プールを模したようなゾーンがあったりと(写真2)、一風変わっている。

写真2●本田氏(中央)と同社従業員の方々
オフィス内には、プールを模したゾーンやパラソルやらがある。(写真:新関雅士)
[画像のクリックで拡大表示]

 オフィス環境以上に、創業者の本田氏の経歴も異色である。何しろ同氏にとってフリークアウトは2社目の起業だ。いわゆる「シリアルアントレプレナー(連続起業家)」といえるだろう。