PR

 日経NETWORKでは、恒例の「ネットワークの実態調査 2014」を実施中だ。業務で使うネットワークの構築や運用・管理に携わっている方に2014年現在のネットワークの現状や課題などをお伺いするというものだ。2014年6月22日の23時59分まで実施しているので、ぜひご協力いただきたい。

 この調査のメインテーマは、ネットワークトラブルの実態を調べることだが、今年はサブテーマとして「ネットワーク機器ベンダー」に注目した。業務ネットワークでどのベンダーの製品がよく使われているのか調査するというものだ。

 先日も記者の眼(あなたの会社では、どのベンダーのネットワーク機器を使っていますか?)で調査の途中経過の一端を紹介したが、今回も興味深い途中経過をいくつか紹介しよう。

ポート数で顔ぶれが変わるLANスイッチベンダー

 まずは前回も紹介したLANスイッチのベンダーを取り上げる。

 8ポート以下のLANスイッチのベンダーは、1位のバッファロー、2位のアライドテレシスの2強という構図が鮮明になってきた(図1)。3位以下のベンダーを見ると、企業向けを中心としたベンダーとコンシューマー向けを得意とするベンダーの両方がせめぎあっている状況が見てとれる。

図1●現在使っているLANスイッチ(8ポート以下)のベンダー。使っている8ポート以下のLANスイッチ(レイヤー2スイッチ)について、「どのメーカー/ベンダーの製品を使っていますか(複数回答)」と尋ねた。現在実施中の「ネットワークの実態調査 2014」の6月5日時点での途中経過を示した。
図1●現在使っているLANスイッチ(8ポート以下)のベンダー
使っている8ポート以下のLANスイッチ(レイヤー2スイッチ)について、「どのメーカー/ベンダーの製品を使っていますか(複数回答)」と尋ねた。現在実施中の「ネットワークの実態調査 2014」の6月5日時点での途中経過を示した。
[画像のクリックで拡大表示]