PR

 一方、9ポート以上のLANスイッチでは、顔ぶれが大きく変わっている(図2)。現時点で、1位の座はシスコシステムズが獲得した。アライドテレシスは、8ポート以下に続いて、9ポート以上でも2位となった。いずれも企業向けを中心とするベンダーだ。3位はバッファローとなったが、全体的な傾向としては企業向けを中心としたベンダーが目立っている。

図2●現在使っているLANスイッチ(9ポート以上)のベンダー。使っている9ポート以上のLANスイッチ(レイヤー2スイッチ)について、「どのメーカー/ベンダーの製品を使っていますか(複数回答)」と尋ねた。現在実施中の「ネットワークの実態調査 2014」の6月5日時点での途中経過を示した。
図2●現在使っているLANスイッチ(9ポート以上)のベンダー
使っている8ポート以下のLANスイッチ(レイヤー2スイッチ)について、「どのメーカー/ベンダーの製品を使っていますか(複数回答)」と尋ねた。現在実施中の「ネットワークの実態調査 2014」の6月5日時点での途中経過を示した。
[画像のクリックで拡大表示]

 さて、これらのベンダーの製品が選ばれたのは様々な理由があるはず。今回の調査では、その理由についても尋ねてみた。興味深いことに、同じLANスイッチでも8ポート以下と9ポート以上では異なる傾向が見られた。

 8ポート以下のLANスイッチについて、製品を選んだ理由として多かったのは、「価格が安い」(コストパフォーマンスが高い)だった(図3)。第2位「所望の機能を搭載している」の21.2%、第3位「導入済みの製品と同じベンダーの製品だから」の20.3%に比べて、第1位は64.1%と圧倒的だった。

図3●LANスイッチ(8ポート以下)を選択した理由。使っている8ポート以下のLANスイッチ(レイヤー2スイッチ)について「どのメーカー/ベンダーの製品を使っていますか(複数回答)」との問いに対する回答に関連して、その製品を選んだ理由を尋ねた。現在実施中の「ネットワークの実態調査 2014」の6月5日時点での途中経過を示した。
図3●LANスイッチ(8ポート以下)を選択した理由
使っている8ポート以下のLANスイッチ(レイヤー2スイッチ)について「どのメーカー/ベンダーの製品を使っていますか(複数回答)」との問いに対する回答に関連して、その製品を選んだ理由を尋ねた。現在実施中の「ネットワークの実態調査 2014」の6月5日時点での途中経過を示した。
[画像のクリックで拡大表示]