PR
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

cmd  コマンドの実行 (標準)

 構文  
CMD [/A | /U] [/Q] [/D] [/E:ON | /E:OFF] [/F:ON | /F:OFF] [/V:ON | /V:OFF] [[/S] [/C | /K] 文字列]

 オプション 
/C 後続する文字列で指定されたコマンドを実行後に終了する。
/K 後続する文字列で指定されたコマンドを実行し,インスタンスを継続する。
/S /Cまたは/Kに続く文字列の扱いを変更する。
/Q エコーをオフにする。
/D レジストリからのAutoRunコマンドの実行を無効にする。
/A 内部コマンドの出力結果をANSIでパイプするか,ファイルに出力する。
/U 内部コマンドの出力結果をUnicodeでパイプするか,ファイルに出力する。
/T:fg 文字色および背景色を設定する。
/E:ON コマンド拡張機能を有効にする。
/E:OFF コマンド拡張機能を無効にする。
/F:ON ファイル名およびディレクトリの名前を補う文字を有効にする。
/F:OFF ファイルおよびディレクトリの名前を補う文字を無効にする。
/V:ON 区切り文字に“!” を使い遅延環境変数を展開できるようにする。
/V:OFF 遅延環境展開を無効にする。

 利用環境  
NT/2000/XP/2003

 説明  
Windowsコマンドシェルにおいて新しいインスタンスを開始する。

 使用例  
「test.txt」ファイルを表示するコマンドを実行した後に終了する。
cmd /c type test.txt

 関連事項  
color