PR
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

if  処理の分岐 (標準)

 構文  
IF [NOT] ERRORLEVEL 番号 コマンド
IF [NOT] 文字列1==文字列2 コマンド
IF [NOT] EXIST ファイル名 コマンド

 オプション 
NOT条件が偽であるときのみ実行されるコマンドを指定する。
ERRORLEVEL 番号最後のプログラムの実行によって返された終了コードが,指定された番号以上であるときに条件が真となることを示す。
文字列1==文字列2文字列が一致するときに条件が真となることを示す。
EXIST ファイル名指定したファイルが存在するときに条件が真となることを示す。
コマンド条件が真であるときのみ実行されるコマンドを指定する。
ELSE節IF節のコマンドに続けて「ELSE」キーワードを指定し,指定した条件が偽であるときのみ実行されるコマンドを指定できる。ELSE節はIFに続くコマンドと同じ行に記述する。

 利用環境  
NT/2000/XP/2003

 説明  
バッチ・プログラム中で条件分岐をする。

 使用例  
パラメータで渡されたファイルが存在すればそれを削除し,存在しなけれどエラーとしてメッセージを表示する。
IF EXIST %1 (
del %1
) ELSE (
echo "filename. missing."
)

 関連事項  
cmd