PR
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

sort  データの並び替え (標準)

 構文  
SORT [/R] [/+n] [/M KB] [/L ロケール] [/REC レコードバイト] [[ドライブ1:][パス1]ファイル名1] [/T [ドライブ2:][パス2]] [/O [ドライブ3:][パス3]ファイル名3]

 オプション 
/+n 比較を開始する文字の位置をnで指定する。1行の文字数がnより少ない行は,他の行より前に照合される。デフォルトでは,行の先頭文字から比較開始。
/L[OCALE] ロケール 指定されたロケールによって,システムでデフォルトのロケールを上書きする。現在指定できるロケールは“C”のみで,“C” ロケールは最速の照合シーケンスに従う。大文字と小文字は常に区別される。
/M[EMORY] KB 並べ替えに使うメイン・メモリーのサイズをKバイトで指定する。最小サイズは160Kバイト。メモリー・サイズが指定されると,メイン・メモリーの空き具合に関わらず,指定サイズのメモリーが使用される。通常は,メモリー・サイズを指定していないときにパフォーマンスが最高となる。入力,出力ともファイルの場合,デフォルトの最大メモリー・サイズは利用可能なメイン・メモリーの90%だが,ファイル以外の入出力がある場合はメイン・メモリーの45%となる。
/REC[ORD_MAXIMUM] 文字数 レコード当たりの最大文字数を指定する。デフォルトは4096文字,最大65535文字。
/R[EVERSE] 降順で並べ替える。
/T 一時記憶域を保持するディレクトリを指定する。
/O 入力ファイルが格納されるファイルを指定する。
   
[ドライブ1:][パス1]ファイル名1 並べ替え対象となるファイルを指定する。指定されていない場合は標準入力を並べ替える。ファイルによる入力の方が,同じファイルへの標準入力をリダイレクトするよりも処理速度が速い。
[ドライブ2:][パス2] メイン・メモリーにデータを格納できない場合に備え,並べ替え用の一時記憶域を保持するディレクトリを指定する。デフォルトではシステムの一時ディレクトリが使用される。
[ドライブ3:][パス3]ファイル名3 並べ替え後の入力ファイルが格納されるファイルを指定する。指定されていない場合は標準出力に書き込まれる。ファイルに出力する方が,標準出力のリダイレクトよりも処理速度が速くなる。

 利用環境  
NT/2000/XP/2003

 説明  
入力データを並び替えて出力する。

 使用例  
「test.txt」ファイルの3文字目から比較を開始し,データを並べ替える。
sort /+3 test.txt

 関連事項  
なし