PR
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

choice  ユーザー・オプション・キーを設定/表示 (標準)

 構文  
CHOICE [/C 選択] [/N] [/CS] [/T タイムアウト /D 選択] [/M テキスト]

 オプション 
/C 選択できるキー項目の一覧 ユーザーに選択させるキー項目の一覧を指定する。デフォルトは「YN」。
/N 選択できるキー項目の一覧を,プロンプトに表示しない。ただしプロンプト以前のメッセージは表示されたまま,選択可能。
/CS 大文字と小文字を区別できるようにする。デフォルトでは,大文字と小文字は区別される。
/T タイムアウト秒数 ユーザーによる操作がない場合に,デフォルト値が選択されるまでの時間を「秒」で指定する。0~9999(秒)まで指定可能。0を指定すると,待ち時間なしでデフォルト値が選択される。
/D デフォルトの選択値 タイムアウト後に選択されるデフォルトの選択値を指定する。/Cオプションで指定した一覧のいずれかのキー項目でなければならず,/Tオプションの指定も必須。
/M メッセージ文字列 プロンプトに表示するメッセージを指定する。文字列を指定しない場合はプロンプトのみ表示される。

 利用環境  
NT/2000/XP/2003

 説明  
一覧の中からユーザーによって選択されたキー項目のインデックスを返す。

 使用例  
メッセージを表示し,「Y」「N」「C」のうちどのキー項目が選択されたかを返す。
choice /c YNC /M "はい:Y/いいえ:N/中断:Cいずれかのキーを押してください。"

 関連事項  
なし