PR
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

winhttpcertcfg  証明書とプライベート・キーをインポート (RKT)

 構文  
WINHTTPCERTCFG [-i PFXファイル | -g | -r | -l] [-a アカウント] [-c Certストア] [-s 文字列] [-p PFXパスワード]

 オプション 
-i PFXファイル指定したPFXファイルから証明書に対して、プライベートキーをインポートする。
-g指定されたインストール済みの証明書によって、アカウント用のプライベートキーを承認する。
-r指定された証明書によって、アカウント用のプライベートキーを削除する。
-l指定された証明書のプライベートキーにアクセスするアカウントを一覧表示する。
-a アカウント環境設定中のコンピュータにおけるユーザー・アカウント。「IWAM_TESTMACHINE」、「TESTUSER」、「TESTDOMAIN\DOMAINUSER」のように、ローカル・コンピュータやドメイン・アカウントを指定できる。
-c Certストア「LOCAL_MACHINE」または「CURRENT_USER」と指定し、位置づけのためのレジストリブランチを指定する。証明書ストアはコンピュータ上にインストール済みであること。 代表的な例としてルートや既存ユーザーがある。例えば次のように指定する。
例:-c LOCAL_MACHINE\Certストア
例:-c CURRENT_USER\Certストア
-s 文字列指定された文字列を含む件名がつく一連の証明書のうち、先頭のものを検索する。大文字、小文字は区別されない。
-p PFXパスワード証明書とプライベートキーのインポートに使用するパスワードを指定する。このオプションは「-i」オプションとともに指定すること。

 利用環境  
NT/2000/XP/2003

 説明  
クライアント・コンピュータで使用する証明書とプライベート・キーをインポートする。

 使用例  
なし

 関連事項  
なし