PR
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

lpr  プリント・サーバーへの印刷 (標準)

 構文  
LPR [-S サーバーID] -P プリンタ名 [-C バナー・コンテンツ] [-J ジョブ名] [{-O | -O l}] [-D] [-X] ファイル名

 オプション 
-S サーバーIDファイルを印刷するプリンタをホストしているコンピュータを名前またはIPアドレスで指定する
-P プリンタ名ファイルを印刷するプリンタを名前で指定する
-C バナー・コンテンツ印刷ジョブの見出しページに印刷する内容を指定する
-J ジョブ名見出しページに印刷する印刷ジョブ名を指定する
-O | -O l印刷するファイルの種類を指定する
-D制御ファイルの前にデータ・ファイルを送信する必要があることを指定する
-Xlprコマンドに,Sun Microsystems社のSunOSのリリース4.1.4_u1までとの互換性が必要であることを指定する
ファイル名印刷するファイルをファイル名で指定する

 利用環境  
NT/2000/XP/2003

 説明  
ライン・プリンタ・デーモン (LPD) を実行しているコンピュータに印刷するファイルを送信する。

 使用例  
windowsproという名のプリンタにrevise.txtをプリントする
lpr -p windowspro revise.txt

 関連事項  
なし