PR
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

nbtstat  NetBIOS情報の表示 (標準)

 構文  
NBTSTAT [-a NetBIOS名] [-A IPアドレス] [-c] [-n] [-r] [-R] [-RR] [-s] [-S] [インターバル]

 オプション 
-a NetBIOS名NetBIOS名で指定したリモート・コンピュータのNetBIOS名テーブルを表示する
-A IPアドレスIP アドレスで指定したリモート・コンピュータのNetBIOS名テーブルを表示する
-cNetBIOS 名キャッシュの内容,NetBIOS名テーブルおよび解決した IP アドレスを表示する
-nローカル・コンピュータの NetBIOS名テーブルを表示する
-rNetBIOSの名前解決統計情報を表示する
-RNetBIOS名キャッシュの内容を削除し,LMHOSTSファイルから#PREタグ付きエントリを再度読み込む
-RRWINSサーバーを使って登録したローカル・コンピュータのNetBIOS名を開放し,その後更新する
-s宛て先IPアドレスを名前に変換して,NetBIOSクライアントおよびサーバーのセッションを表示する
-Sリモート・コンピュータを宛て先IPアドレスのみで一覧表示して,クライアントおよびサーバーのセッションを表示する
インターバル指定したIntervalで,選択した統計情報を再表示する

 利用環境  
NT/2000/XP/2003

 説明  
NetBTプロトコル統計情報,ローカル・コンピュータおよびリモート・コンピュータのNetBIOS名テーブル,およびNetBIOS名キャッシュを表示する。

 使用例  
ローカル・コンピュータのNetBIOS名テーブルを表示する
nbtstat -n

 関連事項  
なし