PR

--☆PR☆--------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃3月11日(土)【IT業界キャリアフォーラム】日経BPグループの転職イベント┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
●大手コンサルティング、ソフトベンダー、SIerなど有力IT企業が参加!
●会場:品川ダイヤモンドプラザ ●詳細→ https://ex.nikkeibp.co.jp/event/it/ 
--------------------------------------------------------------------☆PR☆--
____________________________________________________________________________

日経BPガバメントテクノロジー・メール            第139号 2006/02/16
                                             http://govtech.nikkeibp.co.jp/
──────────────────────────────────────
--☆PR☆--------------------------------------------------------------------
●電子自治体を強力バックアップ! NTT東日本の自治体向けソリューション。
  >>詳細はこちら⇒ http://info.nikkeibp.co.jp/nbpp/ntte_egov/
--------------------------------------------------------------------☆PR☆--
┏━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                                        ┃
┃【1】「電子自治体ポータル」ウェブ新着ダイジェスト                       ┃
┃         ── 電子自治体キーワード「IT新改革戦略」                      ┃
┃     ── スペシャルレポート                                        ┃
┃              自治体のシステムを格付け、60団体が「AAA」を獲得      ┃
┃【2】電子自治体NEWSピックアップ (2006.2.6-2.12)             ┃
┃         ── 総務省研究会がFMCの電話番号に「060」を割り当て方針 ほか ┃
┃【3】コラム:安延申の「注目NEWSのツボはココ」                ┃
┃         ── 行革推進法案:省庁が強く抵抗、公務員削減にゼロ回答も   ┃
┃【4】セミナー&イベント                                              ┃
┃         ── 「モバイル社会シンポジウム2006」               ┃
┃【5】編集後記                                                     ┃
┃                                                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【1】「電子自治体ポータル」ウェブ新着ダイジェスト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
──────────────────────────────────────
◆電子自治体キーワード◆ 
IT新改革戦略                                 2006.2.16
──────────────────────────────────────
 政府のIT戦略本部は、2006年1月に「IT新改革戦略」を発表しました。「IT新改革
戦略」は、わが国の最初のIT戦略である「e-Japan戦略」と「e-Japan戦略!)」に続く
戦略で、2010年度までのIT政策の方向性を展望しています。

 電子政府・電子自治体の取り組みは、第一の政策群の「世界一便利で効率的な電子
行政」で取り上げられています。ここでは、オンライン申請・届出の利用促進や、効
率的な情報システムの調達などを目指しています。オンライン申請・届出については
利用率50%という目標が掲げられ、利用促進策として、添付書類の削減や手続きの見
直しや、インセンティブの付与などを検討するとしています。情報システムの調達の
改革については、外部専門家などからなる評価体制の整備などの方策が示されていま
す。

>全文はこちらでご覧いただけます
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/govtech/20060213/229053/

>電子自治体キーワード・バックナンバーはこちら
http://itpro.nikkeibp.co.jp/govtech/bn/bnsearch.jsp?BID=1128&OFFSET=0&MAXCNT=15

──────────────────────────────────────
◆スペシャルレポート◆ 
自治体のシステムを格付け、60団体が「AAA」を獲得                 2006.2.10
──────────────────────────────────────
 『日経BPガバメントテクノロジー』2005年冬号に掲載した全国の都道府県・市・区
を対象とした「自治体の情報システムに関する実態調査」の結果を、Webサイトでも
公開する。調査結果からは、自治体のシステム部門の弱点や、CIOの役割の重要性な
どが明らかになった。また、得点を算出して「自治体情報システム格付け」を実施し
たところ、60団体が最も高い「AAA」評価を得た。

>全文はこちらでご覧いただけます
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/govtech/20051220/226510/

>「スペシャルレポート」のバックナンバーはこちら
http://itpro.nikkeibp.co.jp/denwa/bn/bnsearch.jsp?BID=1120&OFFSET=0&MAXCNT=15

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【2】電子自治体NEWSピックアップ(2006.2.6-2.12) 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
◎総務省研究会がFMCの電話番号に「060」を新規割り当て方針(IT Pro、2月6日)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060206/228667/
──────────────────────────────────────
◎全国初!神奈川県藤沢市において税金のクレジットカード納付を開始!
(三井住友カード 他、2月10日)
http://www.nttpc.co.jp/press/html2005/20060210.html
──────────────────────────────────────
>そのほかのニュースはこちらをクリック
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/govtech/20060206/228607/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【3】コラム・安延申の「注目NEWSのツボはココ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
──────────────────────────────────────
◆今回の注目NEWS◆

◎行革推進法案:省庁が強く抵抗、公務員削減にゼロ回答も
(2月11日、MSN毎日インタラクティブ)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060211k0000m010177000c.html

 政府は10日、国家公務員の人員削減などを盛り込んだ「行政改革推進法案」の概要
を決めた。中央官庁では抵抗が強く、ゼロ回答も予想される状況だという。
──────────────────────────────────────
◆このNEWSのツボ◆

 行政改革一括法案が揉め始めたようである。この法案は、国会の組織では内閣委員
会に付議される予定であり、皇室典範が今国会に提出されていれば、状況は違ってい
たかも知れないが、これが見送られそうな現状では、現内閣の「目玉中の目玉」と言
ってよく、今国会で成立するのは間違いないところであろう。

<行政改革推進法案(仮称)の作成方針について>
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/gyokaku/kettei/060210honbun.pdf 
<行政改革推進法案の概要>
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/gyokaku/kettei/060210betu.pdf 

 この法案は、「政策金融の改革(政府系金融機関の統合)」「独立行政法人の見直
しや公益法人制度の改革」「特別会計の統廃合と簡素化」「総人件費改革(公務員削
減)」など、すべての内容を盛り込んだ一括法案であり、意図としては、今まで「方
針」として行革を決めても、実際の「実施」の段階で不徹底に終わることが多かった
ことから、これを法律で一括して縛ることで、今後5年間の行革の大枠を決めてしま
おうというものである。

 各省庁からすれば、5年分の行革が一挙に、かつ、厳しく行われるわけであり、
抵抗は当然と言えば当然である。ただ、地方自治体などでは、これよりもはるかに厳
しい行財政改革を余儀なくされている団体も多い。その意味では、国が、先ず「範」
を示さなければ、自治体などの反発も抑えきれないと考えられる。

 自治体の改革などでは、例えば「要員過剰と考えられる業務で10人を減らせば、要
員が必要と考えられる業務については、3人まで定員をつける」といった工夫の余地
を与えて、改革インセンティブを高めている。これによって、単純業務の大半を退職
した職員の嘱託活用などで賄い、行政ニーズが増している介護・福祉関係などに職員
定員を増やすと言った工夫が行われている。

 何が何でも「上から押しつけ」「ムチばかりで飴がない」のでは、改革を骨抜きに
しようという動きが必ず発生する。今後、法案の成立、実施に当たっては、こうした
自治体での創意工夫などに学ぶことも重要なように思われる。

─◆執筆者・安延申(やすのべ・しん)◆───────────────────
 通商産業省(現 経済産業省)に勤務後、コンサルティング会社ヤス・クリエイト
を興す。現在はウッドランド社長、スタンフォード日本センター理事など、政策支援
から経営コンサルティング、IT戦略コンサルティングまで幅広い領域で活動する。
──────────────────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【4】セミナー&イベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
──────────────────────────────────────
◎モバイル社会シンポジウム2006
https://www.moba-ken.jp/symposium/index.html
──────────────────────────────────────
【日程】2006年3月3日(金)・4日(土)
【会場】NTTインターコミュニケーションセンター(東京都新宿区)
【主催】NTTドコモ モバイル社会研究所
【概要】「ケータイ弱者の携帯電話利用と知識伝達」「災害時における徒歩帰宅シミ
ュレーション」「モバイル防災とM-Government」など公共団体とも関連深いセミナー
も開催される。

──────────────────────────────────────
>そのほかのイベント・セミナー情報はこちらをクリック
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NGT/govtech/20050418/159471/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【5】編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■『日経コンピュータ』2月6日号によると、6月をメドに政府の情報システム調達が
大幅に見直されるようです。報道によると、巨大な政府システムの発注単位を小さく
分割したり、要求仕様を公開するといった内容のようです。システムの分割発注とい
えば、電子自治体関係者がまず連想するのが長崎県の取り組みではないでしょうか。
また、共通基盤の仕様を公開してアプリケーションを個別発注しようという北海道や
福岡県、宮城県の取り組みも「分割」「仕様公開」という考え方が取り入れられてい
ます。今回の安延申氏のコラムにもありましたが、中央の改革は、地方発の改革手法
に学ぶ点が多いのではないでしょうか。(黒田)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

◆このメールは等幅フォントでご覧いただくことを推奨いたします。
◆内容・記事に対するお問い合わせや、ご意見、ご感想、ご希望等は
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/ へ
◆登録内容の変更や配信停止は http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/
 をご参照下さい。なお、変更・追加等の際には、登録時にご指定いただいたユーザ
 ーIDとパスワードが必要です。ユーザーIDとパスワードが分からない場合は、
  https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html でお調べ下さ
 い。その他不明な点は Mailto:ngtsc2@nikkeibp.co.jp までお問い合わせ下さい。
◆広告掲載のお問い合わせは
  http://adweb.nikkeibp.co.jp/adweb/web.html へ
◆著作権は日経BP社もしくは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転載す
 ることを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、ウェブサイトにアッ
 プするなど、メールの再配信はお断りします。
◆日経BPガバメントテクノロジー・メール バックナンバー
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/govtech/bn/bnsearch.jsp?BID=1129&OFFSET=0&MAXCNT=15

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  Copyright(C)、日経BP社、2006  掲載記事の無断転載を禁じます。
  〒102-8622  東京都千代田区平河町2-7-6
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛