PR

──────────────────────────────────────
日経BPガバメントテクノロジー・メール           第316号 2012/04/25
                               http://itpro.nikkeibp.co.jp/govtech/
──────────────────────────────────────
┏━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【1】「ITpro 電子行政」ウェブ新着ダイジェスト
   ── 都道府県CIOフォーラム 第9回春季会合 報告
       市町村クラウドへの対応を議論、攻撃や災害への備えも模索
   ── 記者の眼
       マイナンバー番号制度のシステム費用はおいくら?
   ―― ケーススタディ
      「見える化」で主導権奪回:足立区役所
   ── 村上智彦の「夕張希望の杜」月報
       今月の「夕張希望の杜」(2012年3月)
 【2】電子自治体NEWSピックアップ
   ── 松江市がRuby製「画面ひな形生成ツール」と「スケジューラ」を
      OSSとして公開
   ―― 「62%が私物許可、89%が生産性向上」、
      米政府のBYOD動向を行政情報システム研が公開
   ―― 日立GP、「行政機関向け文字情報基盤」を効率的に参照する
      外字登録ソフトを発売
 【3】コラム・安延申の「注目NEWSのツボはココ」
   ── 米政府がビッグデータ活用の取り組みを立ち上げ、約2億ドルを投じる
 【4】セミナー&イベント
     自治体総合フェア2012(第16回)
 【5】編集後記/編集部からのお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【1】「ITpro 電子行政」ウェブ新着ダイジェスト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
──────────────────────────────────────
◆都道府県CIOフォーラム 第9回春季会合 報告◆                  2012/04/11
市町村クラウドへの対応を議論、攻撃や災害への備えも模索

──────────────────────────────────────
 都道府県CIOフォーラムは、第9回春季会合を2012年2月7日・8日の両日にわたって
東京都内で開催した。今回のテーマは、(1)市町村クラウドへの都道府県の関わり
方、(2)標的型攻撃など深刻化するセキュリティの脅威と対策、(3)“連携”に
よるBCP(業務継続計画)の強化策。基調講演の主題であるマイナンバー番号制度も
含めて参加者の関心は高く、具体的な議論や質疑が活発に交わされた。

◎全文はこちらでご覧いただけます
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120402/388744/?ST=govtech
◎バックナンバー
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/bn/mokuji.jsp?OFFSET=0&MAXCNT=20&TOP_ID=243556&ST=govtech

──────────────────────────────────────
◆記者の眼◆                                                      2012/04/13
マイナンバー番号制度のシステム費用はおいくら?

──────────────────────────────────────
 社会保障と税の一体改革に取り組む政府が、制度の基盤として先行して整備を進め
ているのが社会保障と税の番号制度、通称「マイナンバー制度」である。この制度の
実現に向け、現在検討が最も進んでいるシステム要素が、「情報提供ネットワークシ
ステム」と「マイ・ポータル」だ。RFIにより集まった情報の一部が3月下旬に公開さ
れた。

◎全文はこちらでご覧いただけます
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20120411/390663/?ST=govtech
◎バックナンバー
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/bn/bnsearch.jsp?OFFSET=0&MAXCNT=20&BID=10007

──────────────────────────────────────
◆ケーススタディ◆                                        2012/04/12
「見える化」で主導権奪回:足立区役所

──────────────────────────────────────
 「民間のIT部門に比べ、技術的に10年以上遅れていた。ITに関してはベンダーに丸
投げしている状態で、ハード保守が切れたタイミングで100以上のシステムを順に更
新するのが主な役割だった」。浦山清治CTO/CSO補佐(情報化支援専門監)は、2008
年における東京・足立区のIT部門である政策経営部情報システム課の状況をこう説明
する。「自分たちの存在意義は無いのではないか、とまで悩んでいた」。

◎全文はこちらでご覧いただけます
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120405/389631/?ST=govtech
◎バックナンバー
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/bn/bnsearch.jsp?OFFSET=0&MAXCNT=20&BID=9822

──────────────────────────────────────
◆村上智彦の「夕張希望の杜」月報◆                                2012/04/17
今月の「夕張希望の杜」(2012年3月)

──────────────────────────────────────
 財政破綻した夕張市と共に破綻した夕張市民病院。その経営を引き継いだ
「医療法人 夕張希望の杜(もり)」の悪戦苦闘の日々を、村上智彦理事長が綴る
(2012年3月)。

◎全文はこちらでご覧いただけます
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120404/389221/?ST=govtech
◎バックナンバー
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/bn/mokuji.jsp?OFFSET=0&MAXCNT=20&TOP_ID=292818&ST=govtech

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【2】電子自治体NEWSピックアップ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
◎松江市がRuby製「画面ひな形生成ツール」と「スケジューラ」をOSSとして公開
(2012/04/20、ITpro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120420/392425/?ST=govtech
──────────────────────────────────────
◎「62%が私物許可、89%が生産性向上」、
米政府のBYOD動向を行政情報システム研が公開(2012/04/12、ITpro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120412/390787/?ST=govtech
──────────────────────────────────────
◎日立GP、「行政機関向け文字情報基盤」を効率的に参照する外字登録ソフトを発売
(2012/04/12、ITpro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120412/390806/?ST=govtech
──────────────────────────────────────
◎そのほかのニュースは
「ITpro 電子行政」(http://itpro.nikkeibp.co.jp/govtech/)へ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【3】コラム・安延申の「注目NEWSのツボはココ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
◆今回の注目NEWS◆

米政府がビッグデータ活用の取り組みを立ち上げ、約2億ドルを投じる
(ITpro、3月30日)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120330/388297/?ST=govtech

◆このNEWSのツボ◆

 世の中が、クラウドコンピューティングの大ブームであったかと思うと、今度は
「ビッグデータ」だそうである。ただ、筆者は昨今の「ビッグデータ・ブーム」に若
干の懸念を覚えている。

 ウィキペディアによればビッグデータとは、「通常のデータベース管理ツールなど
で取り扱うことが困難なほど巨大な大きさのデータの集まり(構造化データ+半構造
化データ+非構造化データ)であり、その格納、検索、共有、分析、可視化などに困
難さを伴うもの」であり、「気象学や生化学、複雑な物理シミュレーション、インタ
ーネット検索、経済学、経営情報学などの分野で科学者が直面してきた課題である」
とされている。

 たしかに、スマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの急速な普及、各種の
画像データの処理・蓄積量の増大によって、企業や公的な機関、さらにはネット上に
蓄積されてきたデータ量は膨大なものになっている。ただ、こうしたデータは、あら
かじめデータ同士の関係性などが精緻に定義付けられていないことがほとんどである
ため、これを利用する際に従来のようなデータ同士の関係性を基本に構築されたデー
タベースモデルなどでは取り扱えない、あるいは取り扱いにくいことが多い。このた
め、これを活用する概念として「ビッグデータ」という用語が頻繁に用いられ始めた
ようである。

 しかし、「ビッグデータ」というのは、多くの解説に書かれているように、いくら
を超えたらビッグデータなのかという定義があるわけではない。利用者によっては数
百ギガバイトのデータがビッグデータになることもあるだろうし、数ペタバイトのデ
ータ利用に悩む利用者もいるだろう。要は「ビッグデータ」というのは、未利用で放
置されていた大量のデータを「何のために、いかに利用していくのか」が鍵なのであ
って、大量のデータをしゃにむにため込むことを指すのではない。

 ここで気になるのは、すでに「ビッグデータ・ソリューション」と称して、さまざ
まなデータのストレージであるとか、その利用システムが大々的にセールスされ始め
ていることである。繰り返しになるが、ビッグデータは、まず、「蓄積された大容量
データをどのように使うか」という目的意識・問題意識から始まらなければ、意味が
ない。単純に大量のデータをため込んだだけでは、高い機械やストレージを買ったも
のの、データ利用率はコンマ何%などということが起こりかねない。

 かつて、ASP(アプリケーションサービスプロバイダー)という言葉がはやったと
きに、むやみやたらにデータセンターにコンピュータを運び込み、遠隔で利用するこ
とが「ASP」であるかのようなビジネスが横行した。そういえばデータマイニングと
いう言葉・ソリューションもあった。かつてのデータマイニングと今日のビッグデー
タ・ソリューションの本質的な違いは何だろうか。明確に答えられる人は少ないので
はないだろうか。

 たしかに、先に述べたように、今日、企業や公的機関、ネットの上には人類史上想
像もつかなかったような情報が蓄積されつつある。これを「どう利用するか」は、ま
さに利用者の英知が問われるところである。この「ビッグデータ」ブームが、単なる
一過性の流行に終わらないことを祈るばかりである。

─◆執筆者・安延申(やすのべ・しん)◆───────────────────
通商産業省(現 経済産業省)に勤務後、コンサルティング会社ヤス・クリエイト
を興す。現在はフューチャーアーキテクト取締役 事業提携担当、スタンフォード
日本センター理事など、政策支援から経営やIT戦略のコンサルティングまで幅広い
領域で活動する。
──────────────────────────────────────
◎安延申の「注目NEWSのツボはココ」バックナンバーはこちら
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/bn/mokuji.jsp?OFFSET=0&MAXCNT=20&TOP_ID=234965&ST=govtech

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【4】セミナー&イベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
──────────────────────────────────────
◎自治体総合フェア2012(第16回)
http://www.noma.or.jp/lgf/
──────────────────────────────────────
【日程】5月23日(水)~25日(金)10:00~17:00
【会場】東京ビッグサイト 西展示棟・西3ホール (東京都江東区)
【主催】日本経営協会
【概要】テーマは前回に続き「明日を支える公民連携~魅力ある地域社会の実現」。
約70社・団体が出展する見込みで、地域情報化・電子自治体、災害対策・危機管理、
健康・福祉、環境・エネルギー、地域活力・まちづくりの5展示エリアで構成する。
「自治体クラウド活用」「地域見守りネットワーク」「実践的な非常時通信と早期復
旧対策」「住民のための行政窓口・公共ファシリティマネジメント」「文書管理・ド
キュメント」などの展示コーナーも設置する。登録制で入場料は無料。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【5】編集後記/編集部からのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 総務省は4月13日に、震災復興対策である「被災地域情報化推進事業」の第1回めの
交付事業、計23件を決定しました。補助対象事業の総額は64億3400万円で、各事業費
の3分の1を補助します。15件は自治体クラウド導入事業が占めました。岩手県大槌町
・普代村・野田村が3町村共同で基幹系と内部系をクラウドへ移行するほか、岩手県
釜石市、宮城県七ヶ浜町・色麻町・涌谷町、福島県須賀川市・古殿町・小野町・葛尾
村、茨城県潮来市・大子町、千葉県浦安市・白子町、長野県栄村の13市町村は単独で
基幹系をクラウドへ移行します(葛尾村と潮来市は内部系も移行)。総務省が共同化
を推進してきた経緯から従来のクラウド移行は共同化が前提のケースが多く、単独で
の移行は東京都島しょ部など一部に限られていましたが、自治体間の調整の手間を省
ける分、今後は一自治体単独でのクラウド移行も加速するかもしれません。(井出)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◆このメールは等幅フォントでご覧いただくことを推奨いたします。
◆内容・記事に対するお問い合わせや、ご意見、ご感想、ご希望等は
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/ へ
◆登録内容の変更や配信停止はこちらをご参照ください。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/
なお、変更・追加等の際には、登録時にご指定いただいたユーザーIDとパスワードが
必要です。ユーザーIDとパスワードが分からない場合は、
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html
でお調べ下さい。その他不明な点は 下記URLまでお問い合わせ下さい。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=itpro0707/index.html
◆広告掲載のお問い合わせは、
http://adweb.nikkeibp.co.jp/adweb/web.html へお願いします。
◆著作権は日経BP社もしくは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転載する
ことを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、ウェブサイトにアップす
るなど、メールの再配信はお断りします。
◆日経BPガバメントテクノロジー・メール バックナンバー
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/govtech/20071120/287604/ 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  Copyright(C)、日経BP社、2012  掲載記事の無断転載を禁じます。
  〒108-8646  東京都港区白金1-17-3
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛