PR

Part1,Part2でXMLの特徴を紹介してきた。XMLがどんなもので,そして実際にどのように使用されているかをイメージいただけただろうか。ちょうどPart2で一つのXMLドキュメントを作成できたので,Part3ではその続きとして,いくつかの具体的なXMLの文法を解説しよう。

 Part2で作成したXMLドキュメント(XML文書)は次のものである。

<rss>
  <item>
    <artist>BoA</artist>
    <coverArt width="53">ufkzowir.jpg</coverArt>
    <song>七色の明日</song>
  </item>
  <item>
    <artist>上木彩矢</artist>
    <coverArt width="53">xncpgduc.jpg</coverArt>
    <song>ピエロ</song>
  </item>
</rss>

 これを1個のテキスト・ファイルとして保存し,Internet Explorerで表示してみよう。ファイル名を「song.xml」としてみる(図1)。

図1●作成したXML文書
図1●作成したXML文書

 手順によっては正常に表示できる(図2)かもしれないし,正常に表示できない(図3)かもしれない。この違いの原因が,どこにあるかわかるだろうか。

図2●作成したXML文書を正常に表示できた場合
図2●作成したXML文書を正常に表示できた場合

図3●作成したXML文書を正常に表示できない場合
図3●作成したXML文書を正常に表示できない場合

 それはファイルの文字エンコーディングである。例えばWindowsのメモ帳でそのままファイル保存すると,ファイルの文字エンコーディングは「Shift_JIS」(正確には「Windows-31J」)になる。ところがXML文書としてデフォルトで識別できる文字エンコーディングは,「UTF-8」あるいは「UTF-16」の2種類と決められている。したがって,ファイル保存時の文字エンコーディングが「UTF-8」や「UTF-16」だったときは,そのXML文書をInternet Explorerで正常に表示できる。しかし,ファイルの文字エンコーディングが「Shift_JIS」などだと,そのままでは正常に表示できない。