PR

実はルーティングは,「ルーティング・テーブルをどう作るか」という部分を含んでいる。Part2では,自動的にルーティング・テーブルを作るルーティング・プロトコルのエッセンスを見ていくことにしよう。

 ここまでは,「ルーティングとは適切な経路を選ぶこと」と定義して話を進めてきた。これは間違いではないのだが,実はルーティングは,「ルーティング・テーブルをどう作るか」という部分も含んでいる。特に,ルーターがほかのルーターと情報を交換して自動的にルーティング・テーブルを作るしくみ「ルーティング・プロトコル」を押さえれば,実際のネットワークでのルーティングが実感できるはず。

 そこでここでは,自動的にルーティング・テーブルを作るルーティング・プロトコルのエッセンスを見ていくことにしよう。

手動で設定するには限界がある

 では,ルーティング・テーブルを作る方法から見ていこう。

 ルーティング・テーブルを作る最もシンプルな方法は,管理者がルーターに情報を書き込んでいくことだ。ルーターへログインし,コマンドを入力しながら一つひとつ登録するのである。この方法は,「スタティック・ルーティング」と呼ばれる。

 人間がルーターに情報を教えるので,管理者の意のままにルーターを操れる。しかし,スタティック・ルーティングには限界がある。

 ネットワークの構成が変化するたびに,すべてのルーターのルーティング・テーブルを書き換えなければならないのである。

 例えば,ルーターにつながったLANケーブルのポートを抜き挿しするたびに,経路が消えたりできたりするから,そのたびに管理者はルーティング・テーブルを書き換える必要がある。ルーターが10台程度なら,まだ大丈夫かもしれないが,数十台を超えると管理しきれないだろう(図1)。

図1●経路をユーザーが手動で設定するには限界がある<br>「スタティック・ルーティング」では,ネットが新しく加わったりしたとき,ユーザーがすべてのルーターに対して手動で設定する必要がある。この方法だと,ネットワークの規模が大きくなりルーターの台数が増えると,管理しきれない。
図1●経路をユーザーが手動で設定するには限界がある
「スタティック・ルーティング」では,ネットが新しく加わったりしたとき,ユーザーがすべてのルーターに対して手動で設定する必要がある。この方法だと,ネットワークの規模が大きくなりルーターの台数が増えると,管理しきれない。
[画像のクリックで拡大表示]

情報がウワサのように広まる

 人手では無理があるなら,それを機械で自動化してしまおう――。これが,「ダイナミック・ルーティング」の考え方だ。ルーターが自動的にルーティング・テーブルを作る方法である。

 ダイナミック・ルーティングでは,ネットワークのどこかに新しいサブネットが加わったり削除されたりすると,それをルーター自身が検知して,その情報をほかのルーターへ伝える。この情報を受け取ったルーターは,またほかのルーターに情報を伝える。この繰り返しで,ネットワーク上のすべてのルーターに情報が伝わる(図2)。ちょうど,口コミでうわさが広まっていくような感じだ。

図2●経路を自動的に交換・登録するダイナミック・ルーティング<br>ルーター同士が情報をやりとりすることで,経路の登録や削除が自動化できる。
図2●経路を自動的に交換・登録するダイナミック・ルーティング
ルーター同士が情報をやりとりすることで,経路の登録や削除が自動化できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 また,ダイナミック・ルーティングには,もう一つ別のメリットがある。通信回線などに障害が起こって経路が途切れたら,ルーターはそれを検知し,そこを経由する経路をルーティング・テーブルから削除して,自動的に別の経路を選ぶのだ。そして,この経路がなくなったという情報も,ほかのルーターへ伝える。

 通信回線が途切れるのも,ネットワークの構成が変わるバリエーションの一つなので,よくよく考えてみれば当たり前のことだ。しかし,障害が起こっても止まらないネットワークを作れるという利点は非常に重要だ。このため,企業ネットワークやインターネットには,このダイナミック・ルーティングが欠かせない。