PR
Challenge!終了テスト

問題1 アルゴリズムの計算量を表す方法の1つにO記法がある。これは,問題の入力サイズを大きくしていった時の漸近的計算量を示すものである。入力サイズ(n)の問題の計算量を表す関数F(n)がF(n)=n2+nの時,この関数のO記法は次のうちどれになるでしょう。
O(log2n)
O(n)
O(nlog2n)
O(n2

問題2 有限オートマトンの定義を次の通りとする。状態にはq0,q1,q2がある。q0の状態でaが入力されると,q1の状態に変わる。q0の状態でbが入力されると,q2の状態に変わる。q1の状態でbが入力されると,q1の状態に変わる。q1の状態でcが入力されると,q2の状態に変わる。q2の状態でaが入力されると,q2の状態に変わる。q2の状態でcが入力されると,q1の状態に変わる。q0を始点,q2を終点とした場合,受理されない文字列はどれでしょう。
abca
acac
accc
bcbc

問題3 英字の大文字(A~Z)と数字(0~9)を固定のビット数で一意に符号化するには,少なくとも何ビットが必要でしょう。
5
6
7
8

問題4 「氏名」「部署」「内線番号」「役職」「社員番号」という属性から成る表がある。主キーは,「氏名」と「部署」を組み合わせたものだ。この場合,「氏名+部署」が決まれば,他の属性も一意に決定される。ただし,「内線番号」という属性は,「部署」が決まれば自動的に決まってしまう。この表を第二正規形にしたものはどれか。
「氏名」「部署」「内線番号」から成る表(主キーは「氏名」と「部署」)と,「氏名」「部署」「役職」「社員番号」から成る表(主キーは「氏名」と「部署」)に分割する
「氏名」「部署」「役職」「社員番号」から成る表(主キーは「氏名」と「部署」)と,「部署」「内線番号」から成る表(主キーは「部署」)に分割する
「氏名」「部署」「内線番号」「役職」から成る表(主キーは「氏名」と「部署」)と,「氏名」「部署」「社員番号」から成る表(主キーは「氏名」と「部署」)に分割する
「氏名」「部署」「役職」から成る表(主キーは「氏名」と「部署」)と,「部署」「内線番号」「社員番号」から成る表(主キーは「部署」)に分割する

問題5 OSI基本参照モデルの第3層に位置し,通信の経路選択機能や中継機能を果たす層はどれか。
セッション層
データリンク層
トランスポート層
ネットワーク層