PR

 米アップルは2016年3月21日、新製品発表イベントを米国のアップル本社にて開催した。ティム・クックCEO(最高経営責任者)が登壇し、小型iPhone「iPhone SE」や9.7型iPadの新版「iPad Pro」などを発表した。基調講演や体験イベントの様子を、写真を中心に紹介する。

 発表は事前に漏れ伝えられていた内容通りで驚きが少なかったものの、製品に触れるとユーザーの声をきちんと拾って開発に生かしていると感じられた。

 iPhone SEは、かつての主力モデル「iPhone 5s」と同じデザインの小型ボディに、最新モデル「iPhone 6s」と同等の装備を搭載した低価格の戦略モデルだ。iPhone 5s以前の4型モデルを気に入って使い続けている人は多いが、性能不足やバッテリーの劣化などで満足して利用できないケースが増えている。

 こうした状況を受けてか、アップルはiPhone 5シリーズのサイズ感を重視する人の買い替えを促進するために、サイズを変えずに最新のCPUやカメラ機能を搭載した。Apple Payなどの自社サービスを使える端末を増やすことで、利益を上げる狙いもありそうだ。

写真1●アップルは発表会を、米カリフォルニア州クパチーノにあるアップル本社内の小ホール「Apple Town Hall」にて開催した
写真1●アップルは発表会を、米カリフォルニア州クパチーノにあるアップル本社内の小ホール「Apple Town Hall」にて開催した
(撮影:磯 修、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Apple Town Hallの収容人数は200人ほど。毎年6000人前後を集めて開発者向け会議「WWDC」を開催しているサンフランシスコ市のMoscone Centerと比べると圧倒的に規模が小さい
写真2●Apple Town Hallの収容人数は200人ほど。毎年6000人前後を集めて開発者向け会議「WWDC」を開催しているサンフランシスコ市のMoscone Centerと比べると圧倒的に規模が小さい
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●今回のイベントの目玉が、4型液晶を採用した小型モデル「iPhone SE」だ。見た目は旧世代の「iPhone 5s」そのものだが、CPUやカメラ、通信機能など中身は最新モデル「iPhone 6s」とほぼ同等にした
写真3●今回のイベントの目玉が、4型液晶を採用した小型モデル「iPhone SE」だ。見た目は旧世代の「iPhone 5s」そのものだが、CPUやカメラ、通信機能など中身は最新モデル「iPhone 6s」とほぼ同等にした
[画像のクリックで拡大表示]