PR

 2014年9月9日(米国時間)に開催された米アップルのイベントは、久しぶりにアップルらしいものだったと言える。消費者の行動を変えてしまうような、画期的な新製品を出す。これは、2010年のiPad発表以来なかったこと。今回のイベントには、その興奮があったからだ。

 このイベントのポイントは3つだ。発表の順番に言えば、新型の「iPhone 6」、モバイルペイ・システムの「Apple Pay」、そしてウエアラブルデバイスの「Apple Watch」だ。だが、重要性と話題性から言えば、まったくこの逆から語るべきだろう。

「Apple Watch」について説明するティム・クックCEO
「Apple Watch」について説明するティム・クックCEO
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple Watchは、何と言ってもこのイベントの中心だ。アップルがウエアラブルデバイスを出すといううわさは何年も前から続いており、勝手に「iWatch」という名称まで行き渡っていた。韓国サムソン電子や米モトローラなどがウエアラブルデバイスで先行する中、アップルは全面の新聞広告まで出し、「自分たちは長い時間をかけて開発を行う」といったメッセージを伝えていた。

 ウエアラブルデバイスのことだとは特定しなかったものの、アップルファンなら誰でも、なぜまだ発表されないのかへの回答だと受け取っていたはずだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い