キャリアのスマートフォンは維持費が高くなりがち。2年契約などの縛りもある。通話がメインではない人には割高になるキャリアの新プランが登場したこともあり、格安で使えるMVNO(仮想移動体通信事業者)の通信サービスへの関心が今まで以上に高まっている。主要キャリアのプランに比べて月額料金を抑えられるほか、契約変更の自由度も高くなるからだ。MVNO事業者が販売している格安SIMカードを利用できる、SIMロックフリー端末がこの夏に相次いで登場した。LTE対応のミドルクラスも含めて、話題の製品を中心に使い勝手をレビューした。