PR

サーバー仮想化製品

上位2社が大接戦、MSが連覇果たす

[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトがヴイエムウェアとの大接戦の末、2連覇を果たした。両社の差は0.1ポイントで、ほぼ同スコアとみなせる。

 日本マイクロソフトは「導入や初期設定の容易さ」「導入価格」「保守サポート料」の3項目で平均を2.5ポイント以上上回った。2位のヴイエムウェアは、「性能」「機能」「信頼性」「問い合わせへの対応」の各項目でマイクロソフトよりも高いスコアを獲得した。

シンクライアントシステム/デスクトップ仮想化製品

トップはMS、ヴイエムウェアが続く

[画像のクリックで拡大表示]

 今回新設したシンクライアントシステム/デスクトップ仮想化製品部門で1位に輝いたのは、日本マイクロソフトである。2位がヴイエムウェア、3位がシトリックス・システムズ・ジャパンと、トップ3の順位はサーバー仮想化製品部門と同じだった。

 日本マイクロソフトは、「導入や初期設定の容易さ」「システム構築の容易さ」「導入価格」など6項目で部門最高スコアを獲得。ヴイエムウェアは「性能」「機能」「運用管理の容易さ」でマイクロソフトを上回った。