PR

 様々なインフラ技術者に、どうやって技術を学んできたかを尋ねるこのシリーズ。今回は、アプリケーションからネットワークまで幅広い技術知識を持つエンジニア、新里 祐教氏の意見を聞く。新里氏は本連載の第3回で登場した企業、GMOインターネットに勤務している。新里氏は以前の会社ではインフラを主に担当し、GMOではアプリケーション技術を中心に幅広い知識を使って業務を遂行している。新里氏に、これまでの学びの軌跡を聞いた。

(聞き手は久保田 浩=日経NETWORK


新里さんの業務内容について教えていただけますか。

 特定のプロジェクトを担当するのではなく、独立遊軍的な動きをする業務を行っています。例えば、他社から売り込みで持ち込まれた新しいテクノロジーを自社のサービスに組み込むかどうかを検討したりします。そのため「社長室付き」という所属になっています。

写真●GMOインターネットの新里 祐教氏
写真●GMOインターネットの新里 祐教氏
[画像のクリックで拡大表示]

これまで、どのような勉強をしてきましたか。

 学校では、機械について学んでいました。溶接とか旋盤とかですね。プログラムやITインフラについての勉強はしていませんでした。

 ただ、学校にワークステーションがあったんです。で、遊びでプログラムを作ったりはしていました。CとかFORTRANとかを使って遊んでいました。

実際に仕事をするようになって、どうでしたか。