PR
画面●NFC ForumのWebサイト。Sponsor欄の左上にAppleのロゴがある
画面●NFC ForumのWebサイト。Sponsor欄の左上にAppleのロゴがある
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは2015年8月11日、NFC Forumの最上位の「ボードメンバー(役員会メンバー)」になった。12日以降に広く報道され、ちょっとした話題になっている(画面、関連記事:米AppleがNFC Forumに加入、14社目のスポンサー会員に)。

 NFC Forumとは、近距離無線通信「NFC」(Near Field Communication)の規格策定を行っている非営利団体である。蘭NXP Semiconductors(開発当時は蘭Philips)とソニーが共同開発した規格で、デジタル機器や決済などの分野で活用が広がっている。

 Appleは2015年6月に、NFCと並んでスマートフォンなどに利用されている無線規格「Bluetooth」の標準化団体にも、強い決定権を持つ上位メンバーとして参画している。

NFCとBluetoothの重要度が高まる

 Appleがこれらの団体に深く関与し始めたのは、将来の製品において実現したい要素技術として、NFCとBluetoothの重要度が高まったからだろう。

 AppleはApp Storeで配信するアプリや、Lightningなどのケーブルの規格などで、必ずしも業界標準規格にはこだわらず、独自のエコシステムを構築してコントロールしてきた。むしろ「標準規格よりも独自規格が好きな企業」というイメージすらある。

 ただし、今後のビジネスにおいて独自規格だけでは限界がある。例えばiPhoneと連携するサードパーティーデバイスを爆発的に増やすには、Appleが影響力を行使して、団体で策定する標準化技術にAppleが利用したい仕様を含めてもらう方が成功しやすい。