PR

 近年、第三次人工知能ブームが巻き起こっています。特に、深層学習(ディープラーニング)と呼ばれる技術で目覚ましい成果を上げています。本稿では、難しいと思われている機械学習(深層学習)を、お手軽プログラミング言語JavaScriptで実践してみます。難しい数式や理論は後回しにして、まずは、気軽に機械学習に触れてみましょう。

 前回は、深層学習とは何かを概観してみました。なんとなく、雰囲気がつかめたでしょうか。今回は、実際にニューラルネットワークのライブラリを利用して、肥満かどうかを判定させてみましょう。

Node.jsとsynaptic.jsをセットアップしよう

 深層学習ブームのおかげで、ゼロから深層学習を実装する必要はなくなっています。便利なライブラリやフレームワークがたくさん公開されています。そのおかげで、JavaScriptでも気軽に深層学習を実践できるようになっているのです。

 それでは、ここで、JavaScriptの実行エンジンの「Node.js」と、ニューラルネットワーク・ライブラリの「synaptic.js」をインストールしてみましょう。

 まず、Node.jsは、こちら(https://nodejs.org/ja/)のWebサイトからダウンロードすることができます。Windows/macOS/Linuxと各種OSで動かすことができます。

 そして、Node.jsをインストールすると、手軽にライブラリ(パッケージ)をダウンロードできる「npm」というツールも一緒にインストールされます。このnpmを利用して、synaptic.jsをインストールできます。

 Windowsでは「PowerShell」を、macOSでは「ターミナル.app」を起動して、以下のようにコマンドを入力しましょう。(「$」は入力するを意味する記号で、実際に入力する必要はありません。)


$ npm install synaptic --save

 以上で、準備完了です。