PR

 韓国Samsung Electronics社は2015年4月10日、スマートフォン(スマホ)のフラッグシップ機となる「Galaxy S6 edge」を発売した。

 日本円にしておよそ10万円という超高額のGalaxy S6 edgeには、Samsungの大型スマホ「Galaxy Note Edge」だけが搭載していた機能の多くが移植されている。そこで今回は従来モデルからどんなところが変わったのか、グレードアップされたのかを紹介する。その中には後戻り不可能な一大決心もあった。

Galaxy S6 edgeの外観
Galaxy S6 edgeの外観
今回分解したのは海外版の「SM-G9250」。S6 edgeのモデルはこのSM-G9250だけのようだが、S6シリーズ全体では10を超えるモデルが存在する
[画像のクリックで拡大表示]
Galaxy S6 edge裏面の記載内容
Galaxy S6 edge裏面の記載内容
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料