PR

 スマートフォン(スマホ)の薄型化が止まらない。中国メーカーはこの分野で世界をリードしており、2014年から厚み5mm台の製品が続々とリリースされている(関連記事「0.1mm単位の戦いを展開する薄型スマホ最前線」)。今回紹介する中国Oppo社の「Oppo R5」では、それがついに4mm台に突入した。思い切った設計、仰天の中身など、見どころは満載だ。

Oppo R5の外観
Oppo R5の外観
13Mピクセルのカメラを除いた部分の厚みは4.85mm。発売時点では世界最薄。NFCも無接点充電もない平凡な構成だが、約500米ドルで販売されている
本体に記載された情報
本体に記載された情報
裏面に記載された情報
裏面に記載された情報

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料