PR

iPhoneにAR搭載か

 iPhoneの将来モデルについては、もう1つ興味深い観測がある。それは、AppleがAR(拡張現実)技術をiPhone搭載する計画を立てている、というもの。米Business Insiderなどの報道によると、Appleが当初導入したいと考えているARの機能は2つある。

 1つは現実の物体をiPhoneのカメラで写し、それを認識させるというもの。もう1つは人間の顔を認識し、それに応じた操作を行うというもの。Appleがこうした機能をどのように使い、利用者が便利に感じるようなサービスを提供できるのかは分からない。しかし同社はこれらをiPhoneのカメラアプリに導入したい考えだという。

 Appleは写真アプリで顔認証技術を導入しているほか、昨年モーションキャプチャー技術を手がけるスイスのFaceshiftという企業を買収している。このFaceshiftはモーションキャプチャーを使い、人間の表情をリアルタイムでアバターなどのデジタルフィギュアに反映させる技術を手がけていた。これ以外にもAppleはARやVR(仮想現実)の新興企業を相次ぎ買収したり、この分野で第一人者と言われる採用したりしており、それらの技術をiPhoneのカメラに導入するのではないかとBusiness Insiderは伝えている。

 そしてカメラアプリに組み込まれたARの機能は、やがて外部の開発者に公開されることになると、事情に詳しい関係者は話している。AppleはiPhoneの指紋認証機能「Touch ID」を開放しており、外部の企業などにこれを利用したアプリを開発できるようにしている。ちょうどそれと同じことをiPhoneのARでも行うという。

【関連記事】