PR

 Date and Time APIでは日付/時刻を表すクラスは6種類提供されています。前回は、これらのクラスの中で、時差をサポートしない日付クラスであるLocalDateクラスについて紹介しました。

 今回は、その続きで、やはり時差をサポートしないLocalTimeクラスとLocalDateTimeクラスを紹介します。

LocalTime

 java.time.LocalTimeクラスは時刻を表すクラスです。java.time.LocalDateクラスと同様に時差をサポートしません。

 また、多くのメソッドがLocalDateクラスと同じような名称になっています。もちろん、LocalTimeクラスは日付は扱えないので、機能を時刻に置き換えたものとなっています。

生成

 LocalTimeオブジェクトの生成は、LocalDateクラスと同様に3種類のメソッドで行います。

  • now 現在の時刻から生成
  • of 時刻を指定して生成
  • from 他の時刻を表すオブジェクトから生成

 nowメソッドには3種類のオーバーロードがあるのもLocalDateクラスと同様です。使い方もLocalDateクラスと同様で、引数なしはデフォルトタイムゾーンの時刻を使用します。また、タイムゾーンを指定して生成する場合と、システムクロックから生成する場合があります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い