PR

 ユーザー視点の辛口評価で知られる戸田覚氏が、エイスースの8型タブレット「ASUS VivoTab Note 8(M80TA)」を深掘りする。OSはWindowsなので超軽量の携帯ノートとも言えるが、価格は2万円台半ばと激安だ。

 8型のWindowsタブレットを購入したので、使ってみた感想をまとめていきたい。小さな画面の操作性が気に入らないために買わずにいたのだが、今回、手ごろで魅力的な製品が出たので入手した次第だ。

 振り返ってみれば、私たちは小さくて使いづらいパソコンに大枚をはたいてきた。例えば、2009年に登場した「VAIO type P」は、ウルトラモバイルPCと呼ばれた人気モデルだったが、液晶はちょうど今回のテーマと同じ8型だ。

 当時はとても画期的だと確信しており、毎日のように持ち歩いていた。使い勝手もそれなりに良かったのだが、残念ながら非力で、重くなるOSや肥大化するアプリケーションについて行けなくなった。起動すらさんざん待たされるし、ようやく起動できてもメールをチェックしたりメモを書いたりする程度しかできなくなったのだ。

 そんなVAIO type Pでさえ価格は10万円近かったのだが、今や8型のWindowsタブレットが驚くほど安く買える。僕が手に入れた「ASUS VivoTab Note 8(M80TA)」は、「Microsoft Office」が付いて実売で2万7000円だった! なんと良い時代になったのだろう。Windowsを搭載する超小型軽量パソコンが2万円台半ばで買えるのだ。

【ポイント1】 本体の完成度や液晶には満足できるのか
【ポイント2】 軽さ、駆動時間を含めた持ち歩きやすさは?
【ポイント3】 タッチでの操作性、文字の入力しやすさは?
購入したASUS VivoTab Note 8(M80TA)は手ごろな価格のWindowsタブレット。ペン入力に対応している
購入したASUS VivoTab Note 8(M80TA)は手ごろな価格のWindowsタブレット。ペン入力に対応している
[画像のクリックで拡大表示]
縦持ち、横持ちを使い分けるのは、パソコンのイメージが強いWindowsとしては新鮮な感覚
縦持ち、横持ちを使い分けるのは、パソコンのイメージが強いWindowsとしては新鮮な感覚
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料