PR

 さっそくだが、まずは下の写真をご覧いただきたい。よくある手帳やレポートのページだと思う人が多いだろう。「なるほど、手書きの資料を撮影したか、ドキュメントスキャナーで取り込んだのか」。そう思った人が少なくないはずだ。

デスクダイアリーなどにもこんなフォームのページがよくある。ここで使っているのは、iPad用のアプリ「UPAD3」
デスクダイアリーなどにもこんなフォームのページがよくある。ここで使っているのは、iPad用のアプリ「UPAD3」
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが実は逆で、iPadのアプリで手書きしたノートをプリントアウトしたのだ。これまでは、紙のノートにペンなどで書いた情報をスキャンして、デジタル情報として蓄積していた。それと正反対のことが問題なくできてしまう時代になったのだ。紙の資料が必要なら、デジタルで書いて印刷すればいい。パッと見ただけでは、紙+ペンとほとんど変わらない。

 「Apple Pencil」の登場で、iPad Proの手書きが、なんともすごいことになってきた。僕は語学を学ぶため、語学学校に通っているのだが、僕以外にもiPad Proで手書きしている受講生を見かけるようになった。徐々にデジタルの手書きは浸透し始めているようだ。

 そこで今回は、デジタル手書きのどこがすごいのかを検証していこう。