PR

  読者のみなさん、少々、お休みしてましたが、Google探検隊を再開します。さて、1回目はフォントの話をしよう。

 Googleがアドビと共同してオープンソースのOpenTypeフォントを作った。中国語、日本語、韓国語に対応している(各国の頭文字をとってCJKフォントと呼ばれる)。

 中国語や日本語は漢字文化である。字体の多さを想像してほしい。文字をひとつひとつデザインしていくのは気の遠くなる作業だ。実際、3年以上の開発期間がかかっている。

 アドビはこのフォントをSource Han Sansと呼び、GoogleはNoto Sans CJKと呼んでいる。和名は「源ノ角ゴシック」。

 まずはどんな文字か、見てもらおう。

18ポイントで7種類の太さの「源ノ角ゴシック」を並べてみた。あまり癖のない読みやすい字形である。線の太さは極太から極細までそろっており、見出しにも本文にも使える。
18ポイントで7種類の太さの「源ノ角ゴシック」を並べてみた。あまり癖のない読みやすい字形である。線の太さは極太から極細までそろっており、見出しにも本文にも使える。
[画像のクリックで拡大表示]