PR

 アップルの「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」が2014年9月19日に発売された。過去最高の水準で売れているといい、高い人気を獲得していることが分かる。「コンパクトな本体は扱いやすいが、さすがに画面が小さくて寂しい」と感じていた従来機種のユーザーが、待ってましたとばかりに購入に走っているようだ。

2014年9月19日に販売を開始するアップルの「iPhone 6」(左)と「iPhone 6 Plus」(右)。国内の3大キャリアすべてで取り扱われるほか、アップルストアではSIMフリー版も販売される
2014年9月19日に販売を開始するアップルの「iPhone 6」(左)と「iPhone 6 Plus」(右)。国内の3大キャリアすべてで取り扱われるほか、アップルストアではSIMフリー版も販売される
[画像のクリックで拡大表示]
歴代のiPhoneシリーズとの比較。4型液晶のiPhone 5c(右から2番目)と比べると、5.5型のiPhone 6 Plus(左端)や4.7型のiPhone 6(左から2番目)は数字の違い以上に画面が大きくなったことが分かる
歴代のiPhoneシリーズとの比較。4型液晶のiPhone 5c(右から2番目)と比べると、5.5型のiPhone 6 Plus(左端)や4.7型のiPhone 6(左から2番目)は数字の違い以上に画面が大きくなったことが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会場に展示されていたiPhone 6/6 Plusをもとにしたファーストインプレッションの記事「【iPhone 6実機レビュー】丸みを帯びた本体は持ちやすい、液晶画面にも驚き」を先日掲載した。さらに今回、短期間ながら実機を試用するチャンスに恵まれ、発表会ではあまり詳しく語られなかった機能追加や改良がしっかりと施されていたことが分かった。多くの人が重要視するカメラ機能を中心に、想定外の進化を見せたiPhone 6/6 Plusの魅力をチェックしていきたい。