PR

 アップルの腕時計型デバイス「Apple Watch」によって、スマホと連携するスマートウォッチが普及し、腕時計は時代遅れとなってしまうのだろうか。腕時計メーカー、カシオの事業責任者がスマートウォッチと腕時計の将来を予測した。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

Apple Watchは、腕時計の敵か味方か?

 米アップルは2014年9月に、腕時計型のウエアラブル端末「Apple Watch(アップルウォッチ)」を発表した。来年15年にも発売され、価格は349ドルからとなる見通しだ。

 Apple Watchはメールや電話への返答、地図のナビやカレンダー閲覧、音楽視聴に加えて、さまざまなアプリも利用可能。心拍数や全身の動きを読み取ることができ健康管理やフィットネス用途にも使える、まさに「多機能腕時計」だ。

 一方、こうした腕時計型の「スマートウォッチ」市場へすでに参入していたサムスン電子やLG電子、ソニーも、相次いで新製品を発表した。多機能を売りにしたスマートウォッチの新製品が続々と登場しそうだ。

Apple Watchは、タッチ操作に加えてクラウンダイヤル(竜頭)を利用したズーム操作、スクロール操作ができるようになっているのが特徴
Apple Watchは、タッチ操作に加えてクラウンダイヤル(竜頭)を利用したズーム操作、スクロール操作ができるようになっているのが特徴
[画像のクリックで拡大表示]
LG電子のスマートウォッチ、「LG G Watch R」は時計に近いデザインを採用している
LG電子のスマートウォッチ、「LG G Watch R」は時計に近いデザインを採用している
[画像のクリックで拡大表示]