PR

 KDDIが2014年10月27日に開催した冬モデル発表会では、12月初旬よりサービス開始する「au VoLTE」が特に大きな目玉となった(写真1写真2)。

写真1●KDDIが2014年冬モデル発表会を開催
写真1●KDDIが2014年冬モデル発表会を開催
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●VoLTEが最大の目玉となった。
写真2●VoLTEが最大の目玉となった。
[画像のクリックで拡大表示]

 VoLTE対応にあたってKDDIは、3G(CDMA2000)の通信機能を搭載せず、LTEオンリーとした(関連記事:KDDIがVoLTE開始に伴い3Gの巻き取りに本腰、端末にCDMA2000機能を非搭載)。これにより、同社がかねてから構想していた、CDMA2000からLTEへの移行が大きく進展する可能性が高まってきた。一方では、この移行に伴う混乱も予想される。本記事では発表会で得られた情報をまとめてレポートしたい。

XperiaやGALAXYの先行発表モデルはVoLTE非対応

 KDDIは、2014年冬モデルとして「Xperia Z3」や「GALAXY Note Edge」というグローバルモデルをラインアップする。しかしこれら2機種は、発表会に先行してプレスリリースにて発表されてしまった。これまでは製品発表会で披露することが通例だったこともあり、なぜ先行発表となったのか疑問に思うところもあった。