PR

相次ぐ企業のネット炎上 具体的な対策法を指南

 食品や飲食店における異物混入騒ぎ、アルバイト従業員らによる“バイトテロ”、女性蔑視などの批判が起こりやすい動画広告。企業が標的となる「ネット炎上」事件が絶えない。本著は、企業のWeb担当者や危機管理担当者に向けて、最近の炎上トレンドから、必要な準備・対策、炎上した際の対応までをまとめたものだ。

 有事対応について「事実無根の場合」「自社に非がある場合」「ネット右翼対応」などケース別に過去の事例に基づいて対応策を示している。「攻めのSNS活用」編では成功事例10社を厳選して掲載。SNSの積極活用が炎上予防になることが理解できる一冊である。


ネット炎上対策の教科書
攻めと守りのSNS活用
   
小林 直樹 著
日経デジタルマーケティング 編
日経BP社 発行
1620円(税込)