PR

不祥事発生の裏を構造的に解明

 法令を順守することが社会的に求められるようになってきた企業は、リスク管理体制の整備を進めてきてはいる。それなのに不祥事が絶えないのはなぜなのか。その問いに、ペルー大使公邸人質事件などの危機対応に携わった後、警察大学校教授として危機やリスクの管理を専門に研究を行う著者が本書で答えている。

 有名な13の企業不祥事の原因を読み進めていくと、企業にとって、リスク管理体制の整備以外の取り組みも欠かせないと痛感する。「力を持つ者として力を持たざる者への配慮を欠かしていないか」「リスクの種を見て見ぬふりする雰囲気が生まれていないか」など、企業の体質を健全にする重要性を学べる。


なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
有名事件13の原因メカニズムに迫る

樋口 晴彦 著
日刊工業新聞社 発行
1944円(税込)