PR

 同じファイルを異なる機器で利用したり、知人や友人らと文書や動画などを共有したりする際、オンラインストレージサービスを利用すると手間が掛からず便利だ。一般にオンラインストレージサービスには無料で利用できるプランが設けられているが、本格的に使い込むと上限に達して、有償プランへの移行を余儀なくされることが多い。

 代表的なオンラインストレージサービスの場合、無料で使えるのは「Dropbox」で2Gバイト、「Googleドライブ」で15Gバイトまでだ。無料で50Gバイトまで利用可能な“太っ腹”のサービスもある。それが、この記事で紹介する「MEGA」だ。もちろん、MEGAには有償プランも用意されており、さらに大きな領域を使える(表1)。

表1●MEGAの各プラン
表1●MEGAの各プラン

所定フォルダーとMEGA領域が同期

 オンラインストレージサービスでは、各サービスのWebサイトにアクセスしてオンラインストレージ上にファイルをアップロードしたり、逆に保存されているファイルをダウンロードしたりできる。しかし、Webブラウザーを利用した方法では、「アップロード」や「ダウンロード」ボタンをクリックすると表示されるダイアログで対象ファイルを指定するなど、手動操作をしなければならず面倒だ。

 その手間を省けるように、各サービスには専用クライアントソフトが用意されている。それをインストールしておけば、所定のフォルダーがオンラインストレージと同期して、自動的にファイルがダウンロードされたり、アップロードされたりする。