PR

コニカミノルタの相談相手探しを仲介

 Crewwのような協業相手ではなく、大企業のよき相談相手探しを買って出るスタートアップも出てきた。専門家への質問をネット経由で仲介するサービスを提供するビザスクである。経営や法務、営業、趣味など専門分野を持つ1万5000人の「アドバイザー」を組織化しているのが強みで、企業から受け付けた相談と回答してくれるアドバイザーとの間を仲介する。

コニカミノルタの臭い新事業のWebサイト
コニカミノルタの臭い新事業のWebサイト
(出所:コニカミノルタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社を頼った1社がコニカミノルタだ。「体臭チェッカー」の名称で今冬投入予定のサービスの開発で、ビザスクの力を借りた(写真)。小型センサーで体臭を測って数値化し、スマートフォンアプリに表示して知らせるサービスである。

 「新しいエチケットツールを提案したい」。新規事業の創出を目的に2014年に発足した組織、ビジネスイノベーションセンター(BIC)ジャパン インキュベーションリードの甲田大介氏は、こう意気込む。複合機を主力としてきた同社は、BICで産み出した新規事業を次の収益の柱に育てようとしている。

加齢臭をスマホで数値化

 汗の臭いに加齢臭、さらに30、40代男性のミドル脂臭。こうした体臭を検知し、強さを数値化し、スマホで表示する。強さを定量化するだけでなく、臭いの種類も示す。目指すのは「臭いのプラットフォームサービス」(甲田氏)。工場や商業施設の臭気、食品の香料など、生活の様々な臭いを見える化し、改善提案する事業展開を想定する。

 臭い事業はコニカミノルタにとって全くの新領域。甲田氏が所属するBICは、こうした新規事業の創出を目的に2014年に発足した組織だ。