PR
画面1●ソーシャルレンディングサイト「maneo」でUberの事業資金6000万円が4日間で集まった
画面1●ソーシャルレンディングサイト「maneo」でUberの事業資金6000万円が4日間で集まった
[画像のクリックで拡大表示]

 中堅タクシー会社の平成ハイヤー(北海道旭川市)は2014年9月25日、6000万円の資金を調達した。ソーシャルレンディングサイト「maneo」で9月19日から一括返済で3000万円、分割返済で3000万円の運営資金の調達を開始。投資家がこれに応じ、募集をかけてから4日間で全額を調達した。(画面1

 調達した6000万円の使途、それはスマートフォンでハイヤーやタクシー配車を依頼できる「Uber」向けの車両の購入だ。平成ハイヤーのは自己資金で10台のハイヤーをリースし、今回、maneo経由で投資家から集めた6000万円で10台のハイヤーを購入。東京営業所が来春までには計20台のハイヤーをUber向けに提供し始める予定だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い