PR

Excel方眼紙はなぜ「ダメ」か

 肯定派の立場で登壇したのが、フリープログラマとしてシステム開発に携わる長岡慶一氏。Excel方眼紙が否定される理由を考察したブログ記事が議論を呼んだ経緯を紹介し、そのブログを起点にしたアンケートやコメントから「肯定派と否定派で、見ているExcelファイルが違うのでは?」という問題意識を持ったという。

肯定派の立場で登壇した、フリープログラマとしてシステム開発に携わる長岡慶一氏
肯定派の立場で登壇した、フリープログラマとしてシステム開発に携わる長岡慶一氏
[画像のクリックで拡大表示]

 長岡氏は講演の中で、「否定派の見ているExcelファイルはセルのサイズがバラバラで、そもそも方眼紙になっていない」と、いわゆる神ExcelとExcel方眼紙は違うと指摘した。

 では「悪」ではないExcel方眼紙とはどういうものか。長岡氏は「1マス1文字はさすがに否定したい」と前置きしつつ、結合するセルの数や位置に規則性があり、マクロなどのプログラムから処理しやすいものであれば「まだ便利に使える」(同氏)ものとした。

データベースのスキーマを定義して作成するExcelシート。マクロ機能でSQL文を発行できる
データベースのスキーマを定義して作成するExcelシート。マクロ機能でSQL文を発行できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ「テクニックやスキルがなければ、周囲の人が困らないようにExcel方眼紙を取り扱うのは難しい」(長岡氏)と補い、あくまでプログラミングによる後処理が可能な環境を前提とした上での「肯定」である点を強調した。

肯定できるExcel方眼紙の条件
肯定できるExcel方眼紙の条件
[画像のクリックで拡大表示]