PR

 ビジネスへのIT利用促進を目指す一般社団法人のアドバンスト・ビジネス創造協会(ABC協会)は、システム開発に関わるユーザー企業とITベンダーのトラブルについて第三者の立場から調査し、解決策を提示する組織「システム・トラブル相談センター(STCC:System Trouble Consulting Center)」を2016年10月11日に発足させる。

 「当初予算にはなく、納得しにくい追加費用をITベンダーから求められている」「納期が遅延している」「テストのトラブルがいつまでたってもなくならない」。こうしたシステム開発にまつわるトラブルを抱えるユーザー企業が、支援の対象だ。

 弁護士や裁判所が調停に乗り出す際には、「責任の所在」を主眼に置く。これに対してSTCCの狙いは「プロジェクトの立て直し」にある。プロジェクト推進体制のどこに不備があったかを見極めた上で、プロジェクト立て直しのための推進体制、必要な補充要員とそのスキル、立て直しに必要な工程とスケジュール案などを報告する()。

図 システム・トラブル相談センターのサービス内容
図 システム・トラブル相談センターのサービス内容
プロジェクトの立て直しを目指す
[画像のクリックで拡大表示]

 「たとえ訴訟に勝っても、システムができあがるわけではない。トラブルが起き、ITベンダーのいいなりになるか、プロジェクトを中止して訴訟を起こすかを迫られたユーザー企業に、『信頼ある第三者』に相談してプロジェクトを立て直す、という選択肢を提供したい」。元・日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)副会長で調査員を取りまとめるABC協会副会長の細川泰秀氏は語る。