PR

ガス機器開発でデータ分析専門組織と連携

 IoT給湯器の開発は、ガス機器の開発・販売・保守などを手がけるリビング事業部の八木マネジャーが中心になって進めた。八木マネジャーは若手時代、ガス機器の開発子会社に出向していた経験があるエンジニア育ちだ。だからガス機器のIoT対応というプロジェクトを現場主導で推進できた。

 リビング事業部はIoT給湯器の発売に先立ち、2016年にIoT対応した新型の燃料電池「エネファーム」を発売している。このIoT対応を手がけたのも八木マネジャーのチームだ。クラウドにAmazon Web Services(AWS)を採用したことでも話題になり、低コストでの運用を実現。その経験がIoT給湯器の開発につながった。

 八木マネジャーはエネファームとエコジョーズのIoT対応が進めば、大阪ガスにも大きなメリットがあるとみる。ガス機器のメンテナンス業務を、今まで以上に効率化できる可能性を秘めているからだ。

 現在、内部構造が複雑なエネファームの修理では、大阪ガスのデータ分析専門組織である「ビジネスアナリシスセンター」と共同で開発した故障診断ツールを使っている。故障したエネファームの原因を正しく言い当てることを目的にしたものだ。

 以前はメンテナンス担当者は、故障したエネファームにノートパソコンを接続し、故障する「2時間半ほど前までの運転データ」をパソコンに取り込み、その時系列データを見て故障原因を探ってきた。この経験則をビジネスアナリシスセンターが統計解析を用いてロジックに落とし込み、故障箇所を特定できるようにした。

 この先、故障した給湯器の運転データをIoTで取り込めれば、現場に行く前に故障原因を解析してから修理に向かえるようになるだろう。そうなれば、現場で「修理に必要な部品がない」といった問題は起こらず、再訪問の手間と顧客への迷惑は生じにくくなる。

 それはエコジョーズでも同じことだ。IoTはガス機器のメンテナンス業務を劇的に変える可能性を秘めている。

 八木マネジャーはガス機器のIoT対応に大きな広がりも感じている。オール電化の家庭でない限り、ガス機器はどの家にもある。そこをIoTの起点とし、スマートハウスの“入り口”の提供を武器に他社と組めれば、サービスメニューを拡大していける。ガス会社が意外なサービスを提供する日も、そう遠くはないのかもしれない。