PR
 先日の記事では、LINE Payの仕組みについてご紹介しましたが、皆さんは利用されているでしょうか? 対応店舗やサービスが増えていけば、この先も利用者が増えそうな予感がしました。

 さて、日本ではかなり新鮮でまだ馴染みの浅いこの「携帯電話のメッセージで送金できるサービス」ですが、実はアフリカはケニアで、LINE Payに似たモバイル送金サービスが成功を収め、人々のインフラとして成り立っていることをご存じでしょうか?

 そのサービスの名はM-PESA(エムペサ)。携帯電話のショートメッセージを使って送金するサービスで、Mはモバイル、PESAはスワヒリ語でお金を意味します。

 相手の口座情報を知らなくても送金できるサービスで、使うのは通常のモバイル回線(SMS)ではありますが、それ以外はLINE Payとイメージが近くなっています。

 今回の記事では、このM-PESAの仕組み、成功したポイント、懸念点などを分析し、そこからLINE Payの可能性について探ってみようと思います。

 前編となる当記事では、アフリカの写真とともにM-PESAの秘密を探っていきます。

■目次
ケニアの送金サービス「M-PESA」とLINE PAYの可能性。

【前編】(当記事)

    1. M-PESAとは何か?
      1. M-PESAの運営会社と歴史
      2. M-PESAの仕組み
    2. なぜM-PESAは成功したのか?
    3. 【後編】(次回)

    4. M-PESAの問題点・競合
    5. LINE PAYが成功するには何が必要?

 本記事執筆にあたり、神戸大学大学院国際協力研究科・高橋基樹教授と、その院生でモバイルマネーに関する研究を行っている岡本晴菜さんよりデータと情報を提供していただきました。岡本さんは私の高校からの友人でもあり、本記事で利用する写真は全て岡本さんが昨年現地で撮影したものです。