PR

 GaiaXソーシャルメディア ラボの佐々木です。

 Twitterの企業活用といえば、みなさんはどういったイメージをお持ちでしょうか?

 やはり、情報の拡散を狙って、新情報やセール情報をバンバン発信していく、という使い方が一番に思い浮かびますね。

 もちろんその使い方も理想的なTwitter活用法の1つですが、近年Twitterは、顧客の声を拾う場としても注目されています。

 Twitter上で自社製品に関してつぶやいている人を見つけて、その人にサポートから直接アプローチする『アクティブサポート』と呼ばれる新しいカスタマーサポートの形が、実は数年前からあるのですが、イマイチまだ認知度が高くないように感じています。

 そこで今回の記事では、あらためて『アクティブサポートってなに?』といった概要や事例、また時間帯で人々がつぶやく内容が違うというデータなどをご紹介していきます。

 ■目次

    今さら聞けない!『アクティブサポート』ってなに?Twitterを使って顧客の声を聞く。
    1. アクティブサポートとは?
    2. アクティブサポートの活用事例
    3. 『ソーシャルリスニング』と絡める
    4. Twitterの企業活用の未来は『声を聞く』こと
      -時間帯で人々がつぶやく内容は変わってくる