PR

原因は日本企業のマネジメントの後進性

 日本がIT後進国のままでは本当にマズイ。米国などのIT先進国に追いつけないばかりか、アジアの国々に追い抜かれていくと日本はどうなるのか。もちろん日本でもネット企業や小売・サービス業の企業においては、先進的な取り組みがいくつもある。だが、日本の基幹産業である製造業、そして金融業でのIT活用は劣悪なままで、既存のITベンダーもそうした企業を相手に労働集約型のビジネスを続けている。

 なぜ、こんな事態に陥ったのか。日本はもちろん、全体としては先進国だ。ものづくりで世界を引っ張ってきたし、「おもてなし」と呼ぶサービスも世界最高峰。アニメやゲームなど高い創造性が要求されるビジネスでも、世界の先頭を走る。それなのにITだけが、産業面でも活用面でも後進国の域を脱することができない。

 うーん、不思議だ。唯一思い当たるのは、日本企業のマネジメントの後進性が原因ということ。「ものづくり」や「おもてなし」などは現場が頑張り、他の国では創り出せないようなものを提供すれば何とかなる。だが、ITはビジネスそのものを変えるツールであるために、マネジメントが一流で果断な意思決定ができないとどうにもならない。

 日本企業のマネジメントは。世界の最低レベルとまでは言わないが、欧米企業やアジア企業に比べるとダメダメ。だから、ITベンダーの経営者は「ITを活用してイノベーションを図らないと、企業は生き残れない」と主張しつつ、人月商売を平気で続ける。ユーザー企業の経営者も部下に「アップルのようなビジネスを創れ」と要求しながら、「俺はITが分からないから任せた」と平気で言ったりする。

 日本企業のマネジメントの後進性が原因だとすると、解決策は極めて単純。ITベンダーもユーザー企業も、経営者などマネジメントを差し替えればよい。だが、実現は難しい。IT後進国ニッポンの先行きが心配だ。