PR

 Teslaは“Software-Defined Car”とも呼ばれ、ソフトウエアがクルマの機能を定義する。ソフトウエアは恒常的に進化し、アップデートがWiFiなどでクルマにダウンロードされる。この夏に予定されているアップデートで、自動運転機能が追加される。Teslaを情報通信機器と区分しても、それ程違和感はない。急速に進化するTeslaをレポートする。

Teslaは「自動車ではなくコンピュータ」を実感

出典: VentureClef
出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

 テストドライブして、Teslaは自動車ではなく“走るコンピューター”だと実感した(上の写真、試乗したTesla Model S 85D)。ユーザーインタフェースはタッチパネルで、クルマの機能をディスプレイで操作する。iPhoneでアイコンにタッチしてアプリを使うように、Teslaの操作は直観的で、クールな“アプリ”が揃っている。

 iPhoneにOSアップデートをダウンロードして機能アップするように、Teslaにソフトウエアをダウンロードして、自動運転機能をインストールする。クルマの設計思想がiPhoneから多大な影響を受けており、シリコンバレー文化を感じさせる製品仕立てとなっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い