PR

 Google自動運転車は、シリコンバレーのマウンテンビュー市で集中的に走行試験を展開している。最近は、自動運転車を頻繁に見かけるだけでなく、一緒に道路を走行する機会が増えた。並走してみると、自動運転車は安全であるが風変わりな運転スタイルであることに気が付く。万が一事故を起こした際は、誰が責任を負うのか。そもそも、自動運転車を”運転”するには免許証がいるのか。激変が予想される、カリフォルニア州のクルマ社会を考察する。

出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]
出典: VentureClef

生活の中にGoogle自動車が入ってきた

 Googleは、昨年からマウンテンビュー市で自動運転車の走行試験を重ね、今年夏までに市内全ての道路をカバーすると表明している。最近では自宅周辺で自動運転車を見る機会が急増した。更に、自動運転車と並走する機会が増え、その特性も見えてきた。上の写真はGoogle自動運転車(右側の車両)と並走している様子。ちなみに、Google Glassを使うとウインクするだけで撮影でき、運転中ハンドルから手を離さないで安全に写真が撮れる。

出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]
出典: VentureClef

滑らかで機械が運転しているとは思えない

 上の写真は、前を走る自動運転車を撮影したもの。しばらく後ろから見ていたが、滑らかな走行で、機械が運転しているとは思えない、というのが第一印象だ。この先、車線を変え、信号機のある交差点で左折レーンに入っていく。一連の運転は自然で、人間が運転しているように滑らかであった。