PR

 Googleが通信キャリア事業に乗り出した。このサービスは「Project Fi」と呼ばれ、MVNO(仮想移動体通信事業者)方式でネットワーク・インフラを提供する。低価格でサービスを提供するだけでなく、通信キャリアが提供する機能を根本から改良する。スマホの理想形「Nexus」を開発したように、ネットワークのあるべき姿を探求する。米国でProject Fiがスタートし、通信キャリア市場を揺さぶっている。

近未来の通信網への招待状

出典: VentureClef
出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleは2015年6月から、米国で「Project Fi」を始動した。Googleはこのプロジェクトを試験的に展開するとし、地域ごとに人数を限定してサービスを始めた。このため、プロジェクトへの参加は、Googleから招待状が必要となる。筆者も申し込みをしていたが、やっと招待状を受け取り、Project Fiを使い始めた。サポート対象デバイスはNexus 6で、Project Fi専用SIMカード(上の写真)を挿入して利用する。SIMカードはクリップ止めされており、これを使ってスロットを開ける。

 実際に使ってみると、Project Fiは近未来の通信網と言っても過言ではないと感じた。LTEやWiFiなど異なるネットワーク間で、最適な通信網を選択し、サービスを途切れなく利用できる。筆者の場合、屋内では通話やテキストメッセージはWiFi経由でやり取りし、屋外に出るとGoogleの移動体ネットワーク「Fi Network」に接続された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い