PR

 アップルは米国時間の9月9日に、スマートフォン最新機種「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と、ウェアラブルデバイスの「Apple Watch」を発表した。新iPhoneはディスプレーが大型化するなどハード面で大きな変化が見られるが、今後、アプリ開発者の注意すべきポイントは何だろうか。

ディスプレーの大型化と解像度の高まりの影響は?

 iPhoneは単に日本で非常に人気が高いというだけでなく、アプリに携わる人にとっても非常に大きな存在となっている。それだけに、アプリを開発・提供する人にとって、新機種の登場は大きな意味を持つ。

 特に今回の新機種となる「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」は、アプリを開発する上で非常に大きな変化をもたらしている。その最も大きな要因は、ディスプレーサイズが大きくなり、解像度が高くなったことだ。

 実際、iPhone 6は4.7インチ、iPhone 6 Plusに至っては5.5インチと、4インチのディスプレーを採用したiPhone 5と比べ大幅な大型化がなされている。それだけではなく、今回は解像度も大幅に高められており、iPhone 6が1334×750ピクセル、iPhone 6 Plusが1920×1080ピクセルとなっている。

新たに発表された「iPhone 6」は4.7インチ、「iPhone 6 Plus」は5.5インチと、iPhone 5sと比べ画面サイズが大型化している
新たに発表された「iPhone 6」は4.7インチ、「iPhone 6 Plus」は5.5インチと、iPhone 5sと比べ画面サイズが大型化している
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレーサイズの大型化と解像度の変更は、iPhone 4sからiPhone 5に変化する時にも起きている。だがこの時は、ディスプレーの縦幅が長くなったものの、横幅は維持されていたため開発者側の負担は少なかったとの声が多く聞かれた。

 だが今回は、iPhone 5sと比べ縦方向だけでなく、横方向の解像度も高められている。そのため、特に画面のレイアウトを重視するアプリを中心として、新デバイスへの対処が大きな手間となるだろう。