PR

 MOOC(ムーク)とは「Massive Open Online Courses」の略語で、「大規模公開オンライン講座」などと訳される。大学がインターネットを通じて無償公開する講義のことである。「MOOCs(ムークス)」と呼ぶこともある。

 MOOCは、2011年に米スタンフォード大学の複数の教員がインターネットで講義を公開し始めたことが発端とされる。その後、米国のベンチャー企業などがMOOC配信サービスを次々と立ち上げ、急速に人気を集めた。「Coursera」「edX」などが代表的なサービスである。国内ではNTTドコモとNTTナレッジ・スクウェアが「gacco」を運営している。

 学習者にとってのMOOCの魅力は、時間や場所、金銭などの制約を受けずに質の高い講義を受けられること。大学への進学希望者は、実際に講義を受講してから志望先を決めることもできる。一方、大学にとっては自校を広くアピールできるというメリットがある。世界中にいる自校のMOOCの受講者の中から、優秀な学生を獲得することも可能になる。