PR

 「Docker」は、米ドットクラウドがオープンソースソフトウエア(OSS)として公開したコンテナ管理ソフトの一つ。Linux上に仮想的な「コンテナ」と呼ぶ環境を複数作り、それぞれで独立したミドルウエアやアプリケーションを動かせる。IBMやマイクロソフト、グーグルやアマゾン・ウェブ・サービスといった大手ベンダーが製品・サービスにDockerを取り込み始めている。

 Dockerが支持される理由の一つは、従来の「サーバー仮想化」に比べて“軽い”ことにある。サーバー仮想化はハイパーバイザー上に仮想マシン(VM)を作り出し、OSやミドルウエアをインストールする必要がある。これに対し、コンテナはOSのインストールが不要。仮想マシンに比べて、全体の起動時間が短いことに加え、ハードウエアにアクセスする際のオーバーヘッドが小さい。

 コンテナの構成情報は、「Dockerファイル」で管理する。Dockerファイルを再利用したり、カスタマイズしたりすることで、サーバー環境の構築は容易になる。コーディング/テスト/修正という開発サイクルを効率的に回せるDockerが、「開発者向けのインフラ」と評価される理由である。